看護師から助産師への転職

メレ川 安子(30代・看護師)

どもども。
メレ川です。

「助産師に転職を考えていて…」

最近、看護師仲間から相談を受けるようになりました。
コロナの影響で医療崩壊が進んでいますからね・・・。

相談のたびに私は助産師の現状を、2時間以上かけて念入りに説明しています(長いw)

そこで今回は「看護師から助産師への転職」について、よく聞かれる質問をまとめみました。

助産師として成長できる職場は?

お産が沢山あるクリニックです。
難産が多ければ◎

助産師は取り上げた数だけ成長します。
あとは危険なお産をどれだけ見れるか。

こうした環境で3年過ごせば、実力はかなり付きます。

ただし分娩数が多くても、スタッフ数が少ないと、リスクも高くなるのでご注意を。
好待遇な職場ほど、スタッフが多い傾向があるので、職場選びは妥協しないのがオススメです。

助産師と看護師の違い

助産師はコントロールすべき事が圧倒的に多いです。
分娩タイミング、方針、リスク対策、外回り、観察。

看護なら医師がやることを、助産師はやっています。

患者さんの違い

「助産師は健康な人」「看護師は疾患を持った人」を診ると言われますよね。

助産師の人間関係はどう?

看護師と変わりません。

女の世界です。
むしろ女性率がより高いので、大変なことも多いです。
気の強い先輩が多いです。
同じ命を預かる仕事ですし、プレッシャーもかかります。

看護師の経験は役に立つ?

はい。役に立ちます。

看護経験が長い人ほど、業務を覚えるのが早いと思います。
転職を何度かして、色んな職場を見ている元看護師ほど、その傾向が強いです。
結局はどの職場も応用力なので。

コロナの影響は?

直近で言えば、外来は一気に減りました。
その分、電話相談が増えています。
情報が錯綜していますから、妊婦さんは不安ですよね…。

中期的に見れば、分娩は減る傾向だと言われています。
感染リスク、不況の経済リスクで、妊活を控える傾向が強まりますので。

つまりは仕事が減る傾向にあります。
もしかしたら助産師が余りだすかもしれません。

なので転職するなら今のうちかなと。
1年、2年後には確実に転職市場が閉まってきますので。

実際「給料を減額された」という話は、助産師界隈で話題になっています。

助産師の求人はどう?

看護師ほど数はありません。
コロナの影響でさらに減っています。
転職サイトを使っても、見つけるのが難しくなっていると聞いています。

総合病院の助産師ってどう?

教育体制が良いと聞きます。

ただ病院にとって産婦人科はリスクが大きいので、病棟閉鎖される可能性も高いです。
実際、産婦人科と言えば、クリニックか単科病院ばかりなので。

分娩のないクリニックもある?

あります。
検診だけやっているような。

夜勤なしかつ、プレッシャーも少なくて楽だと聞きます。
ただしスタッフが辞めないので、求人はほぼ出ません。
こうしたクリニックは、助産師よりも、看護師としての求人のほうが見つけやすいです。

それと、分娩が無いと助産師としての成長も限られるので、将来は厳しくなるかもしれません。