【看護師】主任を降りたいです。でも引き留められています【無責任?】

ご相談

A.Sさん(30代・看護師)

初めてメールいたします。
役職のことで相談させてください。

主任になって1年経ちましたが、正直辞めたいです…。

管理業務や下の子達の教育だけではなく、前と同じように担当患者を持たされています。
忙しすぎる上に、下の子達は思うように動いてくれず、毎日が必死で精神的にも参っています。
(悪口も言われているようです)

給料は役職手当で1万5千円上がりましたが、もちろん割に合いません…。

このままでは精神的に病みそうなため、師長や部長に相談はしています。
でも「慣れたら楽になる」「今は代わりの人がいない」と言われ、主任を下りるのは、どうにも無理そうなのです。

力不足が原因なのは、私自身よく分かっています。
頑張って耐えるしかないのも、理解はしています。

私はダメな人間なのも分かっています…
でもこれ以上は難しいです……

どうしたらいいと思いますか?

回答

山辺(40代・女性・師長)

こんにちわ。
山辺と申します。

主任は想像以上に大変ですよね(><)
辞めたくなるのは無理もないです。

おそらく主任を任されたということは、看護師として優秀であり、倫理観もある真面目な方なのだと思います。

でも「もう少しだけ肩の力を抜いてみては?」とも思うのです。

「周りに迷惑がかかるから」と考えて、「主任を降りたい」と強く言えないのではないでしょうか?

でも実際は、主任を降りる方はそれなりに多いです。
平になったり、転職だったり、異動だったり。

表向きは差し支えない理由ですが、本当は「主任が続けられずに辞める」という方が大半だそうです。
(私の旦那は病院の人事で働いており、そうした内情をよく知っている)

もちろん組織の都合は、考えてしまいますよね。
迷惑がかかるんじゃないかと。

後任選びは大変だと思います。
主任はみんなやりたがらないですから。

大変なのにその見返りが薄いのは、看護師なら誰もが分かっています。
人事の旦那いわく「生贄(いけにえ)」を選ぶようなものだそうです。

主任は理不尽なポジションです。
それを受けたあなたは、責任感の強い方なのだと思います。
「受けたからには頑張らなきゃ…」と、お考えなのではないでしょうか?

でも大丈夫ですよ。

主任が続けられないのは、あなたの責任ではありません。
時期が悪かったり、場所が悪かったり、受け継がれてきた業務内容自体が悪かったり。

それは組織が負うべき責任です。

でもあなたは「誰のせいでもない。私の力が足りなかったから」と責任感の強さゆえにお考えになるでしょう。
その考え方は、成長に欠かせない大切な能力だと思います。

しかし、それが行き過ぎると、大きな重荷になってしまいます。
とても生きづらくなってしまいます。

あなたは、それに気が付いたのではないでしょうか?
だからこそ勇気をもって「主任を降りたい」と伝えたのではないでしょうか?

あなたは自分で気が付くことができる方です。
看護師としても優秀な方なのだと思います。

でも私があなたに同情してしまうのは、その貴重な気づきが、その勇気が「今は代わりの人がいない」と簡単に否定されてしまう環境にあることです。

おそらくですがそうした職場では、主任を降りた後に肩身の狭い思いをするでしょう。

実は私も過去に主任を降りたことがあります。
何とか耐え続けましたが限界が来てしまい、必死の思いを何度も上司に伝えて、平になることができました。

ですがその後は辛いものでした。
出来損ないの看護師と陰口を言われ、それまで慕ってくれていた後輩たちが離れていき、人事評価はどんなに努力しても退職するまでずっとE評価でした。

主任を降りた後に冷遇されるのは、あなたも想像しているではないでしょうか?
だから「主任を辞めたい」と強く言えないのではないでしょうか?

残念ながらそれは当たってしまうと思います。
日本の組織はレールを外れた人間に対してとても冷酷です。

でも私達が幸運なのは、看護師であることです。
看護師であればレールを外れようが、生きていく道はいくらでもあります。

一般企業では役職を降りると、再就職先もなく「人生を詰む」行為にもなるそうです。

でも看護師であれば、働き先はいくらでもあります。
むしろ働き先は、いくつかの職場や役職を経験している方が、柔軟性が高いとみなされ、広がる傾向すらあります。

私達は仕事のために生きているわけではありません。
極論を言えば、自分や家族や周りの人たちの幸せのために生きています。

だからこそ、もう少しだけ緩く生きてみてほしいのです。

主任を降りても、看護師として終わる訳ではありません。
今の病院を辞めても、生きていく道はいくらでもあります。

たぶんその道は、あなたが思う以上に沢山あります。

私が自分を幸運だと思うのは、辛い経験をしながらも、それが糧となり今の職場で働けていることです。
Eという最低評価を受けた私ですが、今ではそれなりに評価をして頂けており、師長という役職も任されています。

あなたがしてきた辛い経験は、報われる時が必ず来ます。
たぶん今は運悪く、何かが合わなかっただけなのだと思います。

もちろん「主任はもうこりごり」だと感じているのであれば、次の職場選びでそう伝えればいいのです。

面接を担当していると、そうした方は結構多いです。
看護師として優秀な方なのに、組織に潰されてしまう方は多いと感じています。

だからこそ私は、その方の考えを最大限に配慮しています。
それは今の病院の文化でもあります。

私も昔、「主任はやりたくない」と伝えて今の病院で働き出しました。
その思いはしっかりと配慮して頂けました。

でも時間が経つと「もう一度チャレンジしてもいいかな」なんて思うのです。
自分に力が多少なりとも付いたのもありますが、この上司の下なら、このメンバーなら、という環境面が大きかった気がします。

事実それは当たっていました。
私が再び主任として働き、師長にまでなれたのは、間違いなく周りのサポートがあったからです。

あなたにも「また主任をやってみようかな」と思う時が来るかもしれません。
でもそれは今の職場ではないと思います。

あなたも気が付いていますよね?

自分が進むべき道に。
おそらくそれは間違っていないと思います。
あなたや家族が幸せになる最善の道なのだと思います。

あと一歩の勇気です。

応援しております。
あなたが幸せになれることを願って。
m(__)m