地方に転職したい看護師のためのQ&Aまとめ【Iターン】

日比野 奈々(28歳・看護師)

どもどもー。
奈々@ナースです。

私は3年前、見知らぬ地方にIターンしました。
地元(名古屋)→看護学校(名古屋)→就職(東京)→Iターン(滋賀)という感じです。

今住んでいるのは、滋賀の中でも山のふもとの田舎町です。
元々の知り合いは全くおらず、全く見知らずの町でした。

で、最近コロナの影響もあり「私も地方に転職したい」という相談を頻繁に受けるようになりました。

でも私の回答はいつも「地方も大変だよー・・・」と答えています。
もちろん良い面もあるんですけどね。
それ以上にデメリットが大きいです。

そこで今回は「地方への転職でよく聞かれる質問と回答」をまとめてみました。

皆様の夢を打ち砕く内容となっていますが、ご了承ください。
m(__)m

給料は下がる?

はい。
下がりました。

私のケースで言えば、こんな感じです。
「東京=38万 → 地方=34万」
(手取りです)

おおよそ月4万円のマイナスです。
ボーナスも含めた年収だと「520万→460万」と、約60万円下がりました。

今の職場は、地域の中でも結構貰えている方です。
病院によっては、手取り10万円台だったりしますから。

病院の給料格差はすごいです。
それに前職の収入によっては、働かずに失業保険の方が高くなので、のんびり無職生活を楽しむ方も多いですね(^^;)

あとは政治がらみの病院も多くて、「○○協賛金」みたいに給料から天引きされる病院も結構あるので要注意。

でも地方は物価が安いよね?

うーん・・・。
これは微妙です。

地方が安いのは、家賃だけです。
ふつうの物販に関しては、東京と全く変わりません。

地方には激安スーパーなどもありますが、移動のコスト(交通費)を考えると、そんなにお得でもないかなと。

住む家はどう?

地方の住宅事情は、ムチャクチャ良いです。

賃貸アパートについてですが、キレイで新しくて、部屋も広くて、追い炊きお風呂で、トイレはもちろん別で、駐車場も広いです。
単身用の1LDK(52㎡)で月4万2千円!

東京なら15万円はしそうな物件が、4分の1の値段です(^^;)

地方は過疎化が進んでいるので、物件が余っているらしく、価格崩壊が起こっていると。
こんなに格安物件でも、半分くらいは空室で、探せばもっと条件の良いアパートもあります。

中古マンションも築25年500万とかゴロゴロあるので、買ってもいいかなと思っています。

田舎でも看護師なら仕事あるよね?

仕事はありますが・・・。
厳密に言えば「選ばなければ仕事はある」という感じです。

地方は都市部のように病院が乱立していません。
必要な数しかありません。

なので選びたい放題、という訳ではない感じです。

それに地方は基本的に紹介が多いです。
友達や親族、元同僚などから。
待遇の良い病院ほど紹介したくなりますからね。

なのでハロワに出ている求人などは、都市部と同じように売れ残りがほとんどです。
待遇が悪いだけではなく、昭和の設備に、医療体制も旧来という感じです。

地方は遅れている?

一昔前の医療なのは確かですね。
東京と比べて、10年、20年前といった感覚です。
病院によっては、完全に昭和ですw

競争の激しい都市部と違って、地方はぬるめですから、しょうがないです。
例えば、東京は「患者が病院を選ぶ」ですが、地方では選べません。
選べるほど病院が無いので。

「地方の病院は、こうした事情に甘えて、経営が怠慢になっている」と医師会でも問題提起されていました。
地方には、研究機関がほとんどないも影響しているそうですが。

でも逆に「最先端を求めなくていい気楽さ」は地方にはありますね。

地方はスキルアップしたい看護師には向いてない?

それは間違いないかと。

基本的に遅れている、スタッフの意識は低め(都市部と比べて)、研修施設やセミナーや学会も少ない。
スキルを求める人は都市部に行きますからね。
田舎だと需要が無いです。

ちょっとした研修でも、大阪や東京まで1日がかり、または泊りになります。
例えば、認定看護師を取るのは、かなり難しい環境かなと。

地方へのIターンの良さとは?

良くも悪くも、のんびりといった感じです。

私は看護学校時代から頑張り続けてきましたが、地方に来て「こんな人生も良いかな」と思えるようになりました。
時間が過ぎるのも穏やかです。
四季を楽しむ余裕もあります。

「こうした生活は年を取ってから」なんて思っていましたが、若いうちしか楽しめない事もありますから。

出会いは?

ボチボチあります。

私でもよくお声がけして頂けますw
地方になるほど、若い女子は貴重な存在のようです。

患者さんと結婚する看護師は、都会よりも地方の方が断然多いです。
田舎に行くほど、狭い世界なので共通の話題があるというか「看護師側の警戒心が緩い」と私なりには分析しています。

「患者さんを異性として見ない」と、看護師なら誰もが意識していると思いますが、「え!?○○さんの友達なのー!」と共通の知人がいるだけで「患者さん」から「知り合い」に昇格しますからw

でも地方で結婚は、経済的に不安じゃない?

むしろ、看護師には地方の方が有利かなと思っています。

まず自分が安定職なので、給料の良い病院さえ見つけられれば、アドバンテージは都会以上に大きくなります。
例えば、旦那さんの給料と合わせて、世帯年収1000万円だとしましょう。
東京だと、普通以下の生活しかできません。

でも地方では、プチ金持ちになれます。
もちろん「平均賃金が低い」「夫も低賃金」なので、1000万円は厳しいかもしれません。

でも意外とそうじゃない事もあります。
地方には隠れた優良企業があります(予想以上にある感じです)
競争が少ないゆえに、産廃業者、リフォーム業、公共建築などは、かなり羽振りが良いです。
若い子達でも30万以上貰っています。
農業だって、めちゃくちゃ高収入な人が結構いますからね。

そうした方とお知り合いになれれば、地方でプチセレブを体感できるようです。
同僚で何人かいますよ。

高収入男性は競争率高くない?

もちろん高いです。
条件の良い人ほど、若くして結婚するのでなおさら。

でも看護者はモテます。
しかも地方ほどモテます(^^;)

安定重視の方が多いのが影響しているようです。
相手の両親にもウケは良いみたいです。

まとめ

地方へのIターンは職場次第です。
でも良い病院ほど、地元の看護師に押さえられています。

なので実家が地方なら、Uターンするのがオススメです。
それか見知らぬ土地にIターンなら、誰か知り合いのいる場所が良いかなと思います。

または転職サイトからの紹介もアリだと思います。
転職サイトは良し悪しありますが、ハロワに比べてれば全然マシなので。

ではでは(^^)