病棟一筋の看護師です。手術室に転職してやっていけますか?

20代・女性・看護師

初めまして。
手術室への転職で相談させてください。

私は経験3年目の看護師です。
外科系の病棟で働いてきました。

仕事に慣れてきたこともあり、憧れだった手術室への転職を考えています。

でも「手術室は別世界」という噂もあり、迷っています。

手術室は未経験者でもやっていけますか?
アドバイスを頂ければ幸いです。

回答

回答者:川本(看護歴:10年)

こんにちわ。川本と申します。
私も同じく、外科病棟から手術室への転職経験者です。

やっぱり不安ですよね(^^;)

当時の私も凄く悩みました。
相当に悩みに悩んで、「あぁ!!!どうしたらいいのぉぉぉ!!!」と発狂しながら、転職を決断しました。

結論から言うと、未経験でも大丈夫ですよ!
確かに「病棟と手術室は別世界」とよく言われますが、違いが分かれば不安も減ると思いますので、書いてみますね^^

チームプレイ

まず手術室はチームプレイです。
執刀医、助手、看護師、技士、麻酔医。

病棟は「看護師が個人で対応し、チームでサポートする」感じですよね。
でも手術室は、完全なるチームプレイです。

チームの全員が一つの目標に向かい、それを達成させるために力を尽くします。
その場にいるだけでも一体感を感じますし、やりがいも強く感じられます。

そういった環境だからなのか、医師の方々とも仲良くなれます。
病棟ではたまにしか会わず、何となく苦手意識をもっていたのですが、手術室ではすぐ近くに医師がいます。

話す機会も自然と多くなり、「先生達って意外と普通の人なんだな」と感じられると思います。
悩みもあるし、弱いところもあるし、意外と話しやすいし。

こんな思いで患者さんや私達と接しているんだ、という本音も結構聞けます。

患者さん

次に患者さんへの接し方。

手術室は意識レベルの低い患者さんばかりです。
言葉でのコミュニケーションが少ないです。

ご自分で訴えることができないため、患者さんの体から状況を読み取らなければいけません。
看護師の腕の見せ所でもあり、経験の差がモロに出る所でもあります。

手術は、患者さんにとって人生の一大イベント。
ご家族も立ち入れず、一番不安な時に寄り添えるのは、私達看護師だけです。

だからこそ最大限の集中力で、全力で患者さんのアセスメントをします。
出血量、尿量、輸液量、輸血量、ガーゼ汚染量・性状・ドレーンからの排液量・性状…。

数えきれないくらいほどの項目。
最初は大変だと思います。

でも一人の患者さんを無事に見送れた時は、その達成感も半端なく大きく、大変気持ちがいいものです(^o^)
自分が成長している実感もグングン感じられますし。

環境

窓がなく、時間の感覚が狂います(^^;)
一度手術に入ると5時間以上のロングだったり、何件も立て続けだったり、地下室にいる感覚です。

人によっては息苦しさも感じるかもしれません。
閉鎖的な空間が「生理的に苦手」という人が一定数いて、そういった方は続かないですね。

勉強

覚える知識量は、病棟以上です。

勉強は相当しなくてはいけません。
範囲が広く、しかも深く。

病棟時代に習ったやり方が、いかに不味かったもわかります(^^;)
「病棟はおままごと」と、辛口で言う先輩もいますが、確かにそう言った面も感じます。

器械出し

看護師のメイン業務は器械出しです。
でも疾患や術式、器具を理解していなければ、手術スピードについていけず足手まといになります。

もちろんいきなり上手にできるはずありません。
少しずつ段階を追って、最初は見て覚え、サポートで入り、徐々にメインで器械出し。
これが理想です。

でも人手不足だと「とりあえずやってみて」と初日から器械出しさせられたりも。
私の経験ですが(^^;)

どこに何があるのかもわからないし、専門用語も分からないし、タイミングもわからないし、今どんな状況なのかもわからない。
アワアワするだけ( ;∀;)

先生もだんだんイライラしてきて、見かねた技士の方がサポートしてくれて何とか…

「はやく覚えてっ!」

先生に叱責されましたが、初日は無理です。
_| ̄|○

スキル

グンっ!と爆発的に伸びるかと思います。
病棟の経験と合わせれば、どんな場面にも対処できるオールマイティな看護師になれると思います。

手術室は「デキる看護師」が沢山います。

例えば、うちの手術室の絶対的エースの32歳の先輩は、憧れるくらい超人的な看護技術を持っていて、先生方からの信頼も絶大で、どんなときにも慌てず冷静で、何でもできるスーパーマンのような人で、本当にカッコイイ!

私がそのレベルになれるとは思いませんが、近づくことはできると思うので、それを想像してワクワクドキドキしてモチベーションを上げています!

給料

病棟と比べて、減りましたね。
夜勤がないのは助かりますが、給料はマイナス5万円くらいです。

ただし手術室手当で月2万円もらっています。
病院によっては「危険手当」「オペ1回につき2000円」といった支給方法もあります。

病棟よりは下がりますが、外来よりは高い、といった感じです。

残業

オペが予約式の病院は、残業も少ないです。

緊急オペが頻発するような病院は、残業が多くなります。
手取り額が40万円を超えたりも。
大変でしたが(^^;)

でもそういった病院の方が濃い経験をできるため、成長の速度が速いです。
「わたしすごい頑張ってるー!」「地域の役に立ててるー!」という謎の満足感もありました。

未経験で手術室でやっていけるか?

やっていけます。

私も、同僚も、尊敬する先輩ですら、最初はみんな未経験ですので。
当たり前ですみません(^^;)

でもなるべく若いうちが良いかと思います。
結婚して家事や育児に追われながらだと、流石に厳しいと思います。

手術室は夜勤がないためか、既婚者の方が未経験で入ってきますが、かなり辛そうですし、長続きもしないです。
独身のうちがベストだと思います。

最初はどんな手術室がいい?

緊急オペのない所が良いと思います。

それとスタッフの人数が適切な所。
いきなり器械出しさせるような病院はやめておきましょう(^^;)
高確率で潰れます。

人数に余裕があり、しっかり教育している所は、定着率も高いです。
今の職場がそういった環境なのですが、新人さん達はメキメキと育っていき、1年も経てばテキパキ器械出しできるようになっています。

生活はどう?

夜勤がないので生活リズムは作りやすいです。
以前は睡眠薬を飲むこともありましたが、今は全く使っていません。
ニキビもなくなりましたヽ(^o^)丿

給料は減りましたが、減ったなりの暮らしをしているので全然大丈夫です。

将来は?

結婚してからも手術室で働きたいと思っています。
夜勤がないので、たぶんやっていけるかなと。

実際、既婚者の方も多いです。

話は変わりますが、美容外科に転職する方も多いです。
高給取りですし、オペ室の経験があればかなり優遇されますので。

最後に

手術室への転職は不安だらけだと思います。

でも何か目標をもち、歯を食いしばって半年耐えられれば、後はやっていけるかと思います。

「絶対カッコイイ看護師になってやる!」

私はこんな動機で耐え続けました(^^;)
耐えるのは看護学校時代から慣れていますし、意外と楽しめたこともあり、そこまで苦にならない感じでした。

未経験でも全然大丈夫ですよ!
女は度胸!

頑張ってヽ(^o^)丿